おっぱい展

アーティストのクリエイティブな発想と目に見えない社会の課題をつなげたアートイベントを企画しています。



おっぱい展 -OPPAI ART EXHIBITION-

「おっぱい展」とは現代社会の女性にまつわるエトセトラを、 アートを通して世の中に伝えていきたいとの女性アーティストの想いから「女性のため」「子どもたちのため」「社会のため」「乳がんの早期発見のため」など、 自分だけではない周りの人たちや、 他の国の人々のことをもっと考える「きっかけ」になるためのイベントとして 2017年より国内外で開催している現代アートイベントです。現在は、イベントパッケージとして出張開催をしています。

「おっぱい展」誕生の経緯

2016年夏、3人の子育てをしながらママ作家として陶芸家(アーティスト)業を爆走中だったタナカナミの右胸に、

自分で触って何となく違和感を感じる程度の小さな「しこり?」ができました。

初めは気のせいかな・・・?と放置していましたが、その「しこり」はじわじわと大きくなっていました。

怖くなり、インターネットで色んな情報を調べると「乳がん」「手遅れ」「全摘」という怖い情報ばかりが出てきました。

その時期、芸能人が乳がんで亡くなったニュースもあり一気に怖くなりました。


しかし、当時は3人の子育てで毎日がとても忙しく、やっと陶芸家としての仕事が忙しくなった時期でもあり

「もし乳がんだったら今の日常がストップしてしまう・・・」と思うと病院に行く勇気がなく、

誰にも相談できずにひとりで半年間も悩みました。

2016年の12月、「このままではダメだ!」と勇気を出して病院を受診しました。

結果は「良性の腫瘍」でした。

乳がんではなかったので、腫瘍の部分を取り除くだけの手術で大丈夫でした。


手術のあと、ホッとした気持ちと一緒に「乳がんじゃなかったから、元気に動けるからこそアーティストとして何か社会のためにできることがあるのではないか?」という思いが溢れました。

今回の経験は「ヒント」なんじゃないか・・・

こうして、私の中にある「女性・母親・病気」の要素を集めたアート×社会貢献の展覧会「おっぱい展」が生まれました。